広島県かるた協会 会則


(名称)
第1条 本会は広島県かるた協会と称する。

(本部)
第2条 本会の本部は会長宅に置く。

(事務局)
第3条 本会の事務局は事務局長宅に置く。

(目的)
第4条 本会は一般社団法人全日本かるた協会に属する登録会として、また、都道府県かるた協会たる広島県かるた協会を構成する団体として、広く県民に対し競技かるたの普及発展に努め、会員相互の親睦を図ると共に広島県の文化の向上に資することを目的とする。

(構成)
第5条 本会は前条の目的に賛同するものを以て構成する。

(事業)
第6条 本会はその目的を達成するため、必要な活動を行うとともに、当協会構成団体が主催するかるた大会の支援等を行う。

(入会)
第7条 本会に入会を希望するものは、所定の入会届に記入し、本会事務局へ提出することとする。

(役員)
第8条 本会につぎの役員を置く。
会長    1名       総務   1名
副会長   1名ないし2名  理事   若干名
事務局長  1名       会計   1名
事務局次長 1名       監事   1名

(役員の選任)
第9条
1.会長、副会長、事務局長、は理事会で推挙する。
2.総務、会計、監事は、会長が推挙し、理事会の了承を得る。
3.事務局次長は、事務局長が推挙し、理事会の了承を得る。
4.理事は本会加盟かるた団体の代表各1名以上をあてる。
5.副会長は、監事を除くその他の役員を兼任することができる。

(役員の任期)
第10条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、やむを得ぬ事情がある場合理事会の承認により、任期途中での交代を認める。

(顧問)
第11条
1.本会に顧問を置くことができる。
2.顧問は理事会の推薦に基づき、会長が委嘱する。

(役員等の任務)
第12条
1.会長は本会を代表し、会務を統括する。また、理事会の議長を務める。
2.副会長は会長を補佐し、会長に事故のある時はその職務を代行する。
3.事務局長は会長及び副会長を補佐し、理事会の議決に基づき、本会の常務を処理する。
4.事務局次長は事務局長を補佐し、事務局長に事故のある時はその職務を代行する。
5.総務は会長及び事務局長を補佐し、理事会の議決に基づき、本会の常務を処理する。
6.理事は会務を審議し、執行する。
7.会計は会計を担当し、その適正な処理を図る。
8.監事は会計の監査を行い、その結果を報告する。
9.顧問は会長の諮問に応ずる。

(会議)
第13条 
1.会議は総会及び理事会とする。
2.総会は、理事会で必要と認められた場合に会長の名において招集することができる。
3.総会は、会員の過半数の出席を以て成立する。但し、委任状を提出しあらかじめ意思を表示した者は、出席者とみなす。
4.総会の議事は出席者の過半数を以て決し、可否同数の場合は議長がこれを決定する。
5.理事会は会長の名において原則として年1回以上招集する。
6.理事会は監事を除く役員を以て構成する。
7.理事会は構成メンバーの過半数の出席を以て成立する。但し、委任状を提出しあらかじめ意思を表示した者は、出席者とみなす。
8.理事会の議事は出席者の過半数を以て決し、可否同数の場合は議長がこれを決定する。
9.理事会は次の各号に掲げる事項を審議し、議決する。
(1)年間事業計画及び予算に関する事項
(2)年間事業報告及び決算に関する事項
(3)会則その他の規定の制定又は改廃に関する事項
(4)役員の選出に関する事項
(5)会費に関する事項
(6)関連団体との連携に関する事項
(7)総会に付議すべき事項
(8)その他この会の運営に関する事項
10.前項の規定に関わらず、やむをえない理由により予算が成立しないときは、予算成立の日まで前事業年度の予算に準じ収入支出することができる。
(会費)
第14条 本会会員の会費は別に定める。

(会計年度)
第15条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(経費)
第16条 本会の経費は、会費、事業収益金、その他の収入を以てこれに充てる。

(その他)
第17条 その他、本会の会務に必要な事項は、理事会において定める。

付則  本会則は平成 6年(1994年)2月11日より施行する。
付則  本会則は平成11年(1999年)12月5日より施行する。
付則  本会則は平成19年(2007年)4月 1日より施行する。
付則  本会則は平成27年(2015年)3月15日より施行する。
付則  本会則は平成28年(2016年)6月19日より施行する。
付則  本会則は平成29年(2017年)4月1日より施行する。



[改訂履歴]
1994年 2月11日 施行。
1999年12月 5日 会則の一部改正。
2007年 4月 1日 会則の一部改正。
 ・第 8条 役員に事務局次長職を追記。
 ・第 9条 第三項に事務局次長職の記載を追記。
 ・第 9条 第三項の理事の人数上限を2名から3名に変更。
 ・第10条 「やむを得ぬ事情」の場合の但し書きを追記。
 ・第12条 第四項に事務局次長職の記載を追記。
 ・第13条 第六項の理事会の構成員を変更。『会長、事務局長、総務、理事、会計』⇒『監事を除く役員』
2015年 3月15日 会則の一部改正。
 ・第8条:副会長の人数を「1名」から「1名ないし2名」に変更。
 ・第9条:5項の副会長がその他役員を兼任できる旨の記載を追記。
2016年 6月19日 会則の一部改正。
 ・第4条 「社団法人全日本かるた協会」を「一般社団法人全日本かるた協会」に変更。
 ・第7条 「入会届け」を「入会届」に変更。
 ・第9条 理事の人数を「1名から3名」を「1名以上」に変更。
 ・付則 過去の改正の施行期日を追加。





Back